香典返しの賢い選び方|贈る人のことを考えてから選ぼう

ギフト

参列者へのお返し

香典返し

葬儀を行なった際、参列者の方から遺族の方に香典が渡されますが、香典を渡された場合、この香典に対してお返しをしなければなりません。香典を渡された際にすぐにでもお返しを渡せる様にするのがマナーとなっています。これが香典返しです。香典返しにもマナーがあるので、今後のためにもしっかりと確認しておきましょう。

一般的に、香典返しは香典の半額が基本です。そのため、半返しなどと言われています。10,000円の香典に対しては5,000円程度の商品を選べば問題ありません。最近では葬儀に参列してくれた方々に渡す当日返しが定着しています。当日に渡す当日返しは香典返しと兼ね合いが可能で、当日返しを差し引いた金額のお返しを香典返しすれば良いので、香典の内容によってはその後の香典返しが不用な場合もあります。香典に対してのお返しの品物は一般的に消えものや実用品などが一般的です。消えものはお茶やお菓子、海苔などの食料品です。食べてしまえば残らないので縁起が良いとされています。葬儀は祝い事ではないので出来る限り手元に残らないものが良いとされています。最近では、カタログギフトなども利用される様になりました。これは、相手側のほしいものを贈ることが可能であるため、近年はこの様な形式も増えました。香典返しはただ贈るだけではいけません。葬儀に参列して故人を憂いてくれた参列者に対しての心からのお礼を伝えるために贈るものなので気持ちをしっかりと込めて贈る必要があるのです。マナーをしっかりと守って適切な方法で香典に対してのお礼を行ないましょう。

母に贈るプレゼント

プレゼントを持つ女の人

母の日は南北戦争中のアメリカで生まれた風習です。多くの方に知られている赤いカーネーションをプレゼントするという風習もある出来事がきっかけで風習化されました。現在の日本でも母の日は特別な日として認識されています。

Read More...

新築祝いを選ぶ

ギフト

新築住宅を友人や上司が建てた際には新築祝いを贈るのが一般的です。プレゼントをする際には贈っても失礼にならないものを贈る必要があり、贈ると失礼にあたってしまうものなどもあるのでマナーをしっかりと把握してから贈りましょう。

Read More...

お店に贈るお祝い

フワラー

開店祝いなどを贈る際には祝い事のマナーをしっかり把握してから贈る品を選ばなければなりません。祝いの品として贈ってはいけない製品も幾つかあるのでしっかりと把握してから贈る必要があります。

Read More...